青袖・杉舞祭|7月のお祭り

大國魂神社おおくにたまじんじゃ

  • 交通のご案内
  • お問い合せ
  • 厄除け
  • 由緒・歴史
  • 神社マップ
  • ご祈祷・厄払い
  • お祭り
  • 神社の豆知識
  • 神社結婚式
7月
  • 7月12 摂社宮乃咩神社例祭
  • 青袖祭7月12 青袖祭青袖祭・杉舞祭詳細を見る

    青袖祭は青袖の舞衣を着て神楽舞と笛太鼓に合せて舞う。


  • 杉舞祭7月13日 杉舞祭青袖祭・杉舞祭詳細を見る

    杉舞祭は杉の小枝を手草として舞う。


  • すもも祭7月20日 すもも祭すもも祭詳細を見る

    夏の風物詩。境内にすもも市がたつようになったのが、名前の由来。


青袖・杉舞祭(宮乃咩神社例祭)

この祭は源頼朝が文治2年に武蔵国中の神職に命令して、天下泰平の祈願を行うべき旨の指示があり、国中の神職が毎年参会して、12日の夜より13日の朝まで終夜舞楽を奏した。

先ず宮乃咩神社に於いて、舞人が青袖の舞衣を着用して神楽舞を舞い、その後御拝殿にて笛太鼓に合わせて舞うので青袖祭と言い、13日の朝に至り、拝殿に於いて杉の小枝を手草として舞うので杉舞祭という。しかし現在は祭典及び神前舞のみで、国中の神職は参加しない。神職が参加した証拠として、正保・慶安・承応の頃の着到簿が残っているが、残念ながら文治から正保以前までの物は天正・正保の火災により焼失している。

青袖・杉舞祭みやのめ

また、7月12日は宮乃咩神社例祭日で、午前9時より例祭が斎行されるとともに安産の御神徳で有名なことより、宮乃咩神社でこの日に限り安産祈祷を行っている。


他のお祭り・行事を見る