由緒と歴史

大國魂神社おおくにたまじんじゃ

  • 交通のご案内
  • お問い合せ
  • 厄除け
  • 由緒・歴史
  • 神社マップ
  • ご祈祷・厄払い
  • お祭り
  • 神社の豆知識
  • 神社結婚式

【鎮座地】

東京都府中市宮町三ノ一

【御祭神】

大國魂大神

小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神・御霊大神・国内諸神


【御由緒】

 当社のご祭神は、大國魂大神おおくにたまのおおかみで武蔵の国魂の神と仰いでお祀りしたものである。この大神は 素盞鳴尊すさのおのみことの御子神でむかしこの国土を開拓され、人民に衣食住の道を授け、医薬禁厭等の方法をも教えこの国土を経営された。

 当社の起源は、人皇第十二代景行天皇四十一年(一一一)五月五日大神の託宣に依って造られたものである。出雲臣天穂日命いづものおみあめのほひのみことの後裔が初めて武蔵国造むさしのくにのみやつこに任ぜられ当社に奉仕してから、代々の国造が奉仕してその祭務を掌られたといわれる。

 その後、孝徳天皇(五九六-六五四)の御代に至り、大化の改新(六四五)のとき、武蔵の国府をこの処に置くようになり、当社を国衙の斎場とし、国司が奉仕して国内の祭務を総轄する所にあてられた。

 又、国司が国内社の奉幣巡拝、又は神事執行等の便により国内諸神を配祀した、これが即ち武蔵総社の起源である。

 後に本殿の両側に国内著名の神、六所ろくしょ (小野大神・小河大神・氷川大神・秩父大神・金佐奈大神・杉山大神)を奉祀して六所宮とも称せられるようになった。《※注》

 寿永元年(一一八二)に至り、源頼朝が葛西三郎清重を使節として、その室、政子の安産の祈願が行われた。文治二年(一一八六)頼朝は武蔵守義信を奉行として社殿を造営し、また貞永元年(一二三二)二月に将軍頼経の代にも武蔵守資頼を奉行として社殿が修造せられた。

 又、天正十八年(一五九〇)八月、徳川家康が江戸へ入城してからは武蔵国の総社であるために殊に崇敬の誠をつくし、社領五百石を寄進され、社殿及びその他の造営に心力をつくされた。

 正保三年(一六四六)十月、類焼により社殿は焼失したが、寛文七年(一六六七)将軍家綱の命により、久世大和守広之が社殿を造営し現在に至る。形式は三殿を横につらねた朱塗りの相殿造りで、屋根は流造りであり、慶応年間に檜皮葺ひわだぶきが銅葺に改められた。本殿は都文化財に指定されている。

 明治元年(一八六八)勅祭社に準ぜられ、同七年(一八七四)県社に列し、同十八年官幣小社に列せられた。

 当社はもともと大國魂神社と称したが、中古以降、武蔵の総社となり、又国内著名の神六所を配祀したので「武蔵総社六所宮」の社号を用い、 明治四年(一八七一)にもとの社号に復し「大國魂神社」と称するようになった。

 当社は神威殊に顕著であるので、古来より崇敬者は、武蔵の国はもちろん、関東一円に亘っている。

 五月五日には例大祭が行われるが、この祭が有名な国府祭で、当夜八基の御輿が古式の行列を整え、消燈して闇夜に御旅所に神幸するので、俗に「くらやみ祭」といわれている。昭和三十六年(一九六一)より御輿の渡御は夕刻に改められた。

《※注》

一ノ宮  小野神社 東京都多摩市一ノ宮九一七

御祭神・・・天ノ下春命(国造の祖神)

二ノ宮  二宮神社(小河神社) 東京都あきる野市二宮二二五二

御祭神・・・国常立尊

三ノ宮  氷川神社 埼玉県さいたま市高鼻町一−四〇七

御祭神・・・須佐之男命・稲田姫命・大己貴命

四ノ宮  秩父神社 埼玉県秩父市番場町一−三

御祭神・・・八意思金命・知知夫彦命・天之御中主神

五ノ宮  金鑚神社 埼玉県児玉郡神川町二宮七五一

御祭神・・・天照大神・素戔鳴尊・大和武尊

六ノ宮  杉山神社 神奈川県横浜市緑区西八朔二〇八

御祭神・・・五十猛命・大日孁貴命・素戔鳴尊