〜武蔵国の守り神〜 御鎮座壱千九百年

文字サイズ変更:

お知らせ

お知らせ

軍艦「多摩」プラモデルコンテスト開催について

軽巡洋艦「多摩」百周年を記念し、プラモデルコンテストを開催致します。
模型作品を通して「多摩」に関する歴史を知っていただきたいと思います。

どなたでもご参加いただけますので、
以下詳細をご覧いただき奮ってご応募ください。
◎軍艦「多摩」プラモデルコンテストについて

大國魂神社と軍艦「多摩」
軍艦多摩は大正10年に軽巡洋艦として竣工、艦名は多摩川に因んで命名され、艦内には
大國魂神社の御祭神である大國魂大神が祭祀されていました。戦争中の昭和17年から18年にかけてアリューシャン列島のキスカ島攻略作戦やアッツ島海戦、キスカ島撤退作戦、ラバウル輸送作戦等にて活躍しましたが、昭和19年10月25日のフィリッピン沖海戦で、アメリカ海軍潜水艦ジャラオの雷撃により沈没し、艦長以下総員440名が未帰還となりました。
平成26年、多摩が沈没して70年という年に当たり、大國魂神社氏子青年崇敬会を中心として軍艦多摩顕彰会を組織し、軍艦多摩戦没者慰霊碑を建立し、以来毎年慰霊祭を斎行しています。

2022年8月2日

新着情報一覧